或ル少年少女ノ「シ」

或ル少年少女ノ「シ」 lyrics : 宏川露之
——————————————————–
大事な夜に告白しようと思う

僕が肌を灼かないように 傘を貸してくれたあの子に
陽射しの強い日が続いてばかりだから
あの子が死んでしまうまえに 告白しようと思う

人工太陽 長引く故障 乗り継いだレンタカー 
繰り返す電子案内 街頭の深夜番組のテーマは「僕らの未来」 

少年少女ノ「シ」には 理由らしいものはなくて
美しいってことに 惹かれるだけで 泣いて
どうせ、 僕らはいつも 気が済むまで馴れ合って
白々しさに 耐えられず笑うんだ
十年ちょっとの日々も 命と呼べる長さで
くだらないってことに 近づくだけで 泣いて
どうせ、 僕らはいつか 呆れるほど簡単に
後ろめたさに 耐えられず 終わるんだ

私は君に訊いてみたいことがある
たった一人 明るい夜に 傘も差さずにいたあなたに
陽射しの強い日が続いてばかりだけど
どこか別の世界で君や 私は生きられると思う?
 
信号待ちの赤い点滅 溶け出した現実
嘘をつくのは嫌いだけど 本当のことを話すのはもっと苦手だ

少年少女ノ「シ」には 理由らしいものはなくて
土砂降りの雨に 肩を濡らした 君は
いまにもたった一人で 思い出さえ投げ出して
知らない街で 私だけに 笑うんだ
十年ちょっとの日々を 命と呼ぶには短くて
懐かしいってことが 離れるだけで 泣いて
どうせ 私もいつか 呆れるほど簡単に
虚しい夜に 耐えられず 終わるんだ

あの子は午前三時ごろに死んだ
狭い路地裏を抜けた 道端に倒れて
僕らは所詮、 仕方ないと 生きて
不意に逃げるようにして 言い訳をやめたんだ

私を見つけたのが 君でよかった
きっとまたすぐ会えるはずだけど
あなたの中であと少し生きていさせて
いつでも私はそこにいるから

生きてるから

少年少女ノ「シ」には 理由らしいものはなくて 
美しいってことに 惹かれるだけで 泣いて
どうせ、 僕らはいつか 死ぬときまで馴れ合って
白々しさに 耐えられず 笑うんだ

十年ちょっとの日々も 命と呼べる長さで
くだらないってことに 近づくだけで 泣いて
いまでもたった一人で 思い出だけ握りしめ
知らない街で 君のこと 探しても

どうせ、 僕らはいつか 呆れるほど簡単に
続く世界に 忘れられ 終わるんだ

 

アルディバインの棲む森へ
——————————————————–

 

流星の降る夜に lyrics : ein himinn
——————————————————–
暗い夜 夢を見て飛び出した少女を

照らすように流星が空から降ってくる
冬の空 悴んだ手を口元にあてて
舞うように白い息が空へと昇っていく

遠い昔 失くしてしまった宝物を
探すように足元を気にしながら歩く
冬の空 カストルの瞳から涙が
伝うように流星がシリウスへと落ちる

Everynight 僕らはいつから夜空の星を
見上げなくなったのかなあ
Everyday 僕らは大切だったはずのもの
もう一度大切にしよう

夜明け前 夢を見て飛び出した少女を
照らすように太陽が空へと昇っていく
冬の月 雲のベッドへ潜り込んで
眠るように見えなくなっていく

Everynight 僕らはいつから夜空の星に
気付けなくなったのかなあ
Everyday 僕らは大切だったはずのこと
もう一度大切にしよう

長い夢の途中で 見失った流星を
探しに行くよ 見つけに行くよ
どんな闇が道を阻んでも

長い旅の途中で 見失ったのは僕だ
探しに行くよ 見つけに行くよ
闇を切り裂く流星を目印に