黄金小径

黄金小径 lyrics : ein himinn
——————————————————–
高くそびえる金の塔 青白い虚空は淀んだ縁へと
代わる代わるに色の付く 薄暗い灯りに照らされた小さなドア
どこからとなく聞こえ出す 物語を紡ぐ街の記憶が
まるで夢の中のように 言葉も出ないまま次の日々へ誘う

足音が響く石畳の 路地裏の坂道を抜ければ
遙か限りなく 黄昏れた街が世界へ沈んでゆく
忘れない 忘れない ずっとこの場所を離れても
北風に身を任せ 鳥と共に答えを探す
遠ざかる風景の 全て無駄なものではないよ
この夜が続く先 僕らどこまで行けるのだろう
未だ見ぬ世界へと そっと君の手を取りながら
ここで長い旅が始まる

街のはずれの古い時計塔 遠い記憶を思い出すように
鐘が響けば時は止まって 不意に俯き照れ笑いした
君は少しずつ大人びて 僕はまだ旅の途中で
終わらない 終わらない 物語を全て知りたい

知りたい 知りたい 知りたい だから
この道を駆け上ったその先で 僕たちは変われるような気がしていて
少しずつ差し込みだす朝の陽に 照らされたこの旅路を選んでいく

 

旧市街
——————————————————–

 

羊飼いのアリア lyrics : ein himinn
——————————————————–
なんて綺麗な晴れ渡る空に
黒犬を連れた羊飼い一人
どこへ向かうの 次の街へ行こう
夕暮れが空を暗くする前に

見渡す限り遮るものなく
乾いた足音 大地踏みしめて
どこへ向かうの ここじゃない何処か
この空と風が続く方へ

明日の準備は明日しよう
考え込んでも始まらない
難しいことは後回し
どうにかなるはずさ

この道は戻れない道で
あの日々も戻れない日々だ
どのみち戻るつもりなんてない
夕暮れ空 羊飼いのアリア

街の路地裏 水たまり跳ねて
黒犬を連れた羊飼い一人
どこへ向かおう どこへも行けるよ
朝焼けが空を染める時に